ヒアリング

リスト分析で立てた仮説が妥当か確認するため、社内(幹部、社員、スタッフ)、社外(お客様)にヒアリングをします。多くの場合、8割方は仮説を裏付けるような情報が集まりますが、2割ほど今まで考えてもみなかった情報を得ることがあります。この2割の情報をよく分析することが、しばしば次の一手を生むもとになります。また、社内ヒアリングを通して、今まで組織の階層の中で埋もれていた有意な人材を発掘することも多くあります。ヒアリングは自社の内外の強みを発掘する上でとても効果的なアクションです。